介護付有料老人ホームが終の棲家になること


介護付有料老人ホームのことを介護保険法では、特定施設入居者生活介護と呼んでいます。
この介護付有料老人ホームでは、介護を受ける必要が生じた際には、介護サービスを受けながら暮らしていくこととなります。

すなわち、自宅等へは原則として戻りません。



万が一入院等が必要になった場合には、医療機関にて入院治療を行い、退院後にはこの介護付有料老人ホームに戻ってくる流れとなるわけです。自宅等には原則として戻りませんので、終の棲家となってきます。



自宅に戻らない以上は、自宅を処分してその後この介護付有料老人ホームで残りの人生を暮らしていくことになります。
こうしてみると特別養護老人ホームとどう違うのかが分かりにくいということですが、特別養護老人ホームとの決定的な違いは入居費用と一時金の必要性などで、特別養護老人ホームに比較して高額な利用料などを請求されることが多くなっています。

場合によっては、入居するまでに数百万円、入居のために数千間年も求められる超高額な物も存在しています。


無論、それだけのサービスが受けられるとともに、中の設備も非常に豪華な物となっているわけです。

こうした高額なところへの入居が出来るのは、一般的に現役世代で高額な収入があったりあるいは土地財産を引き継いできた、資産家に限られてきます。


収入がある程度はないと、現役世代に支払ってきた年金保険料等の関係で、この介護付有料老人ホームでの生活が出来ないことになってしまうからです。